1. TOP
  2. 庵治石産地について

庵治石産地について

職人の想い
庵治産地の職人・経営者は”良い製品”を作ろうと思う高い志を持っています。各職人は自分の中で定めた材質・加工品質のレベルを持ち、これだけは守ろうと思う、決して妥協しない固い意志によって製作を行っています。
そのために日々加工技術を高め、機械・道具の工夫、メンテナンスの努力・研究をしています。この“良い製品”を作ろうという想いは、庵治産地の長い歴史の中で代々受け継がれてきた伝統の職人魂です。
産地内連携
庵治産地内には様々な業者が存在し協力し合っています。各加工内容(手加工・磨き・彫刻・字彫り・丸物など)におけるそれぞれのエキスパートであり、プロフェッショナルな石材店が産地内には多く存在しています。
また工具店、ダイヤメーカー、鉄工所などの関連業者がともに石材店と研究しながらサポ-トをしてくれています。それらすべての業者の連携、結集により、より高いレベルの石製品が完成されるのです。
つまり庵治産地そのものが大きな1つの工場なのです。
職人を魅了する庵治石
庵治石は世界一の“銘石”であると同時に、世界一“難”の多い石でもあります。 同じ採石場で取れる石でも塊ごとに色・目合いが違ううえ、ナゼという色むらやカサネ、2番、目などの庵治石独特のキズが多いのです。
しかし丁場師と呼ばれている採掘業者の職人達の熟練した厳しい目で、石目・キズなどを見極め原石を厳選しています。それは製品加工段階においても同様です。
それ故より高いレベルの製品に仕上げるためには手間と時間がかかり、計算どおりでは出来ない奥が深い石なのです。ですから完成まで決して気が抜けず、加工工程において自動化できない難しさがあります。
しかし庵治石は手間隙掛けただけ答えてもくれるのです。そして思うような“良い製品”が出来たときの喜びはひとしおです。今でも庵治石は職人を育ててくれていると感じます。
庵治石の魅力
日本の石材業界の中で庵治石は最高級品と位置づけられ、その価値は他の原石、墓石加工品に類を見ない高額な値段によっても証明されています。
数ある原石の中でも際立つその庵治石の魅力は、地球上の花崗岩で唯一最大の特徴である『斑(ふ)』が浮かぶ上がることです。しかし、その神秘的な『斑(ふ)』が何故庵治石だけに発生したかは、庵治石の採掘が始まって約1000年経つ現在も謎なのです。
  • あじすたのコンテンツメニュー
  • お知らせ一覧
  • 商品一覧
  • 庵治石産地について
  • 讃岐石材加工協同組合とは
  • オリジナルオーダー
  • オーダーサンプル
  • あじすた通信
  • お買物ガイド
  • お問い合わせ