1. TOP
  2. お知らせ一覧
  3. 庵治石の魅力を再発見 産地の加工工場めぐりをしてみると「お宝」が見つけられること間違いなし!№6

お知らせ

庵治石の魅力を再発見 産地の加工工場めぐりをしてみると「お宝」が見つけられること間違いなし!№6

皆様、こんにちは。
今回は今までの産地での取り組みをご紹介いたします。

庵治石材産地の工場は「宝の山」

加工工場内でのざんねんな出来事シリーズ⑥ その他端材いろいろ

加工工場では製作工程ではどうしても様々な形状の端材が生まれます。中には「これも端材?」と思えるような面白い端材もあります。ご興味をお持ちの方は前回ご紹介をした「ダンプカーの荷台」には端材がいっぱい積まれていますので工場めぐりをされてはどうでしょうか?きっと簡単にお好みのものが探し出せますよ。
端材には形や色合いなど同じものはありません。あなたのアイディア次第で世界に一つだけの傘立て、石あかり、一輪挿し、花器等のすばらしい石製品に生まれ変わります。そのまま利用しても良し、ご自身のアイディアを加えることで、よりオリジナリティを持つ作品となりますね。

皆さん、お気づきになりましたか?
そうなんです!実は毎年開催されている「むれ源平石あかりロード(開催時期は8月上旬~9月中旬。詳細は「石あかりロード ホームページ」にてご確認ください)」の起源は端材の活用方法のひとつとして産地の職人が考え出したものなのです。これは庵治産地の加工技術とアイディアが生み出した傑作ではないでしょうか。
例年石あかりのデザイン画を募集しており、産地職人とコラボした「石あかり」は老若男女を問わず人気があります。職人は応募されたデザイン画から刺激を受けることも多く意欲的な製作活動に繋がっています。
いまでは皆様に「石あかり」という石製品を知っていただき、日本全国から(世界各国から)散策に来ていただける夏の風物詩となりました。夕暮れ時か照らされる石あかりの優しい灯りにも癒されますよ。また近隣地元住人の方々のご理解とご協力をいただきながら開催されているイベントです。産地の温かさや人情にも触れ合えるのではないでしょうか。機会がありましたら是非お越しください。お待ちしております。


もし、「石」にご興味を持たれたりお時間が取れましたら「産地加工工場巡り」をお勧めします。探してみるとお気に入りのお宝を見つけられる可能性が大きいですよ。職人さんは一見すると「恐そうなオジサマ」にも見えますが、話しをしてみると気さくな優しい方々なのでお話をされてもいいですね。色々な話しが聞けるかもしれません。

6回にわたり「石の端材」について活用方法や様々な用途をご紹介させていただきました。私たちは、まだまだ石には可能性があると思っています。皆様が気づいた点、感じたことなどがありましたら是非とも教えて下さい。きっと産地の活力になります。

大きくくり抜いた石は傘立てとして利用
大きくくり抜いた石は傘立てとして利用
重量物でもしっかり保管
重量物でもしっかり保管
表情豊かにペインティングされた愛嬌のあるフクロウ
表情豊かにペインティングされた愛嬌のあるフクロウ
端材から生まれた色々な小物
端材から生まれた色々な小物

関連リンク

  • あじすたのコンテンツメニュー
  • お知らせ一覧
  • 商品一覧
  • 庵治石産地について
  • 讃岐石材加工協同組合とは
  • オリジナルオーダー
  • オーダーサンプル
  • あじすた通信
  • お買物ガイド
  • お問い合わせ